東京オリンピック1964デザインプロジェクト/オリンピック関連トピックス

 

「1964東京オリンピック・デザインプロジェクト」にピクトグラム・デザイナーとして参加した原田維夫&原田工房は、きたる「東京オリンピック・パラリンピック2020」を応援しています。

◯ピクトグラムについて 〜TBS番組『スパニチ!ニッポンの出番!』より

「1964東京オリンピック・デザインプロジェクト」にピクトグラム・デザイナーとして参加した当時のことを語る原田維夫。TBSテレビ『スパニチ!所さんのニッポンの出番!』より。
「1964東京オリンピック・デザインプロジェクト」にピクトグラム・デザイナーとして参加した当時のことを語る原田維夫。TBSテレビ『スパニチ!所さんのニッポンの出番!』より。

2013年10月27日(日)、原田維夫が、所ジョージさんが司会するTBSのテレビ番組【スパニチ!ニッポンの出番!】に出演しました。

 

原田が、新進の若手デザイナーとして、いまでは世界中で使われているピクトグラムを初めて開発し、その後のオリンピックやデザイン界のみならず、社会生活や都市計画にまで大きな影響を与えたといわれる「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」に参加した当時のようすを語りました。

 

...あらためて、皆さん、「ピクトグラム」ということばをご存知でしょうか。

 

上の写真の背景にあるような「公共空間の案内などに使用される図記号」のことで、現在は街中でごく普通に見られるものですよね。でも、じつはピクトグラムは、「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」ではじめて開発され、その後世界に普及したものなのです。

 

だれもが知っている「トイレの男女マーク」は、じつはこのプロジェクトから生まれたものなんですね。

 

ピクトグラムの発明は、まさに世界のデザイン界に革命をおこし、あまねく社会に影響をあたえた一大イノベーションだったわけですが、原田は同プロジェクトにおける開発チームのメンバーとして活躍したのです。

 

番組では、原田の回顧をもとに、悪戦苦闘した当時のエピソードの数々がとりあげられ、再現シーンもいくつか紹介されたのですが、放送直後から、ファンや関係者の皆さまから「元気をもらった」「感動した」といった内容のお電話やメールをたくさんいただきました。本当にありがとうございました。

 

原田維夫公式サイト管理人より

 

◯オリンピック関連トピックス

◆2014年10月17日(金)、やくみつるさんが、毎日新聞で、原田維夫が出演したNHK-BS1「1964から2020へ オリンピックをデザインした男たち」に対し、コメントをよせています。

※画像上で「2回」クリックしてください。
※画像上で「2回」クリックしてください。

 

2014年10月17日(金)、毎日新聞勇敢に、やくみつるさんが、原田維夫が出演したNHK-BS1「1964から2020へ オリンピックをデザインした男たち」に対するコメントを寄せられています。

 

「今でもホレボレ 大会シンボルマーク」と題したやくさんのコメントは、番組の内容をお上手に伝えており、たいへん示唆に富んだものともなっています。ぜひご覧ください!

 

 

 

※画像を2回クリックしてください。お読みいただる大きさに拡大いただけます。

◆2014年10月10日(金)、読売新聞に原田維夫のインタビュー記事『1964東京五輪 伝言「絵文字はおもてなしの心」』が掲載されました!

※画像上で「2回」クリックしてください。
※画像上で「2回」クリックしてください。

 

2014年10月10日(金)、読売新聞・朝刊に、原田維夫が1964東京オリンピック・デザインプロジェクトについて語ったインタビュー記事『1964東京五輪 伝言「絵文字はおもてなしの心」』が掲載されました。

 

原田の作品のわかりやすさ、丁寧さ、見る人を楽しませようとする精神(緻密な歴史考証やダイナミックな作風など)は、当時のこのプロジェクトによって強く原田の心に刻まれ、現在に至っています。

 

原田が、自身がプロのアーチストを強く自覚する原点となった仕事、と位置づける当時の様子がくわしく語られています。ぜひご覧ください!

 

 

 

※画像を2回クリックしてください。お読みいただる大きさに拡大いただけます。

 

◯ギャラリー 〜東京オリンピック1964デザイン・プロジェクト

 

 

原田維夫の回想録が収録されている「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

 

ピクトグラムはもちろん、公式ポスター、日本選手団のユニフォーム、大会パンフレット、入場チケット、記念切手、メダルなど、1964年の五輪における、あらゆるデザインの成果が収められています。

 

 

※著作権に配慮し、以降の写真は拡大ではご覧いただけません。

 

 

  

→1964年のオリンピックの公式ポスター、その1。

 

亀倉雄策さんにより50年も前にデザインされたものです。いま見ても、とてもカッコイイですよね。デザイン界では、いまだにこれを超えるものがない、と言われているらしいですが、納得です。

 

 

 

※出典:原田が寄稿している「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)より。

 

 

 

 

 

 

 ←1964年のオリンピックの公式ポスター、その2。

 

1964東京五輪に対しては、聖火ランナーのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

※出典:「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

 

 →1964年の東京オリンピックで開発され、当時の競技会場や東京都内の各種施設でじっさいに使用されたピクトグラムの数々。

 

「トイレの男女マーク」もここから始まり、世界に広がり、一大イノベーションとなりました。

 

当時のデザイナー全員が、これらの成果を社会共有財産とすべく、いっさいの権利を放棄する署名に進んで同意したエピソードはよく知られています。その是非はともかく、そういった心意気が、世界中にピクトグラムを普及させたことはまちがいありません。

 

※出典:「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

 

 

 

 

 

←同じく1964東京オリンピックで、実際に使用されたピクトグラムの一部。ひと目で何を示しているかがわかります。

 

 

 

※出典:「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

 

 

→選手団のデレゲーション・ユニフォーム(正装用ブレザー)と開会式・閉会式のプログラム。ユニフォームのデザインは、ご存知VANなどのブランドで知られる石津謙介さん。

 

まるで50年前の開会式での入場行進の風景がよみがえってくるようですね。

 

 

※出典:「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

 

 

←美しいスタンプ(切手)の数々。収集家の方々の垂涎の的だったといいます。

 

1964年の東京オリンピックは、一方で、デザインの祭典でもあり、日本のデザイン文化の夜明けとなった場でもあったわけですね。

 

 

 

※出典:「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

 

 

→オリンピック競技種目を表現したピクトグラム。それぞれの競技がもつ特徴と躍動感を見事にとらえています

 

山下芳郎さんのデザインによるものですが、当時、山下さんは、ビデオがまったく普及していない中で、全体の流れから、ジャストな一瞬をどうやって見出していったのでしょうか。ほんとうに素晴らしい!!

 

 

※出典:「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

 

※本サイトで使われている掲載写真・コンテンツの転用、複写、転載、その他のすべての使用を固くお断りいたします。

 

原田維夫が回想録を寄稿している「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。
原田維夫が回想録を寄稿している「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」にピクトグラム・デザイナーとして参加した原田維夫&原田工房は、きたる「東京オリンピック・パラリンピック2020」を応援しています。

◆2016年3月3日、「東京オリンピック2020応援シリーズ」特設ページを開設しました!

◆2015年4月、銀座・伊東屋さんで原田の作品を直にご覧いただけます!

2015年3月19日から、文房具の老舗・銀座伊東屋さんのK.ITOYA 地下1階売場で原田の作品をご覧いただけます。


伊東屋さんの画材の販促をお手伝いする形でメイン作品が展示されており、その他40点あまりの作品を収めたファイルも常備されています。ぜひ足をお運びになってください。


※伊東屋さんは改修工事中につき展示に変更がある場合があります。事前に必ずご確認ください。
●伊東屋ホームページ


◆2015年2月現在、毎日新聞に好評連載中の宮城谷昌光さん作/原田維夫・画『劉邦』がいよいよクライマックスへ!

●宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」のページをぜひご覧ください!

◆2014年11月3日、山本一力さんの仕事場の写真を追加しました。

山本一力さんの仕事場の写真を掲載しました。原田維夫の作品「馬九行久の図」を大切にかざっていただいています(写真左上)。くわしいエピソードは「リンク集〜原田の友人たち」をご覧ください。

 

◆2013年12月9日-14日、原田維夫が展覧会を開催します!

原田維夫が所属する画家集団「草鞋之会」(わらじのかい)が、ギャラリークリ8で個展を開催します。

 

12月10日(火)19時からは同時開催場所のMAYA2にてトークイベントを行います。「原田維夫 + 百鬼丸 + 高橋千裕(新潮社)」

 

ぜひお越しください!

◆11月7日、原田が寄稿している『東京オリンピック1964デザインプロジェクト』公式写真集を出版物リストに追加しました!

2013年2~5月に国立近代美術館で開催された展覧会『東京オリンピック1964デザインプロジェクト』の公式写真集を出版物のページに追加しました。
 トイレの男女マークなどで知られるピクトグラムは、このプロジェクトから始まりましたが、そのときのエピソードを寄稿しています。

◆10月27日(日)、原田維夫が、TBSテレビ番組『スパニチ!所さんのニッポンの出番!』に出演しました!

2013年10月27日、原田維夫が、所ジョージさんのテレビ番組【スパニチ!!ニッポンの出番!】に出演し、ピクトグラムの開発で世界に影響を与えた「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」のエピソードを語りました。

 

くわしくは、ブログ、「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」、最新トピックス(トップページ)をぜひご覧ください!

◆10月27日(日)、原田維夫が、所ジョージさん司会のTBSテレビ番組に出演します!!!

2013年10月27日(日)、原田維夫が、TBSのテレビ番組【スパニチ!!ニッポンの出番!】に出演します。

くわしくは最新トピックス(トップページ)をぜひご覧ください。

◆2013年10月現在、宮城谷昌光・作『劉邦』の画を連載と並走するかたちで公開中!

毎日新聞で好評連載中の宮城谷昌光さん作『劉邦』で毎回使われている原田維夫の作品を順次掲載しています。
 当サイトの「宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」をぜひお楽しみください!

◆2013年8月、「シリーズ企画」に『新薬師寺十二神将図』をアップしました!

奈良にある新薬師寺の十二神将さんとの不思議な体験がモチーフになっている作品群です。

 版画としては天地55㎝の大型作品ゆえ、もしかしたらその迫力を感じとっていただけるかもしれません。ぜひ『新薬師寺十二神将図』ご覧ください。

◆2013年7月21日、宮城谷昌光さんの新連載『劉邦』(原田維夫・画)『がスタート!

原田と長年コンビを組ませていただいている宮城谷昌光さんの新連載『劉邦』が、7月21日付の毎日新聞朝刊からいよいよ始まりました。
 このサイトでは、連載につかわれた原田の画を順次公開しておりますので、ぜひご覧ください!

(くわしくは「宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」をご覧ください)

◆2013年3月27日、原田維夫の公式ウェブサイトがオープンしました!

ファンの皆さん、作品の発表の機会をつくってくださった多くの作家さんや事業者の皆さんへの感謝の気持ちをこめ、このたび公式ウェブサイトを開設いたしました。 

◆2013年6月20日、産経新聞 創刊80周年記念特集に、沢木耕太郎さんのインタビューとともに、原田作の題字『深夜特急』が掲載されました!

 2013年6月20日付の産経新聞の朝刊に、同紙80周年記念「連載歴史小説特集」で、昭和59年に連載が開始された沢木耕太郎さんの『深夜特急』がとりあげられ、当時、原田が作成した題字も掲載されました。 

 特集の内容、沢木さんとのエピソードは、原田のブログ『板画師つれづれ日記』をご覧ください。

 

◆2013年5月11日、シノさん(篠山紀信氏)と原田との想い出をつづった『シノさんの早業』が、日本経済新聞・朝刊に掲載されました!

会社員時代の若いころ、シノさんことカメラマンの篠山紀信とコンビを組んで、アルバイトにいそしんだ想い出をつづった『シノさんの早業』が、日本経済新聞・朝刊の「交友抄」に掲載されました。 

 彼のカメラマンとしてのすばらしい早業や意外な素顔を暴露(?)してみましたので、ぜひ当日の朝刊をめくってみてください。   

※本サイトでは、クリックにより拡大画像をお楽しみいただけます(一部をのぞきます)。

太平記 『吉野の霧』
太平記 『吉野の霧』