各種シリーズ企画

※下記作品の一部を販売しております。詳しくは「原田工房/作品販売のページ」をご覧くださいませ。

新薬師寺十二神将図

※大型画につき、縮小した複写図を掲載しているため、画像が大幅に粗くなっていることをご了承ください。

    摩虎羅大将 (摩睺羅伽)
    摩虎羅大将 (摩睺羅伽)

【十二神将のこと ~新薬師寺さんの十二神将を彫ろうと思ったきっかけ】

 

 1994年にわたし(原田)の師匠である田中一光氏より、師匠の故郷である奈良市が主催する「奈良町格子の家」にあるギャラリーで個展をすすめられ、そこで個展を開催したときのこと。

 

「奈良ホテル」に一泊した翌日、とにかく暑い暑い夏空の下を春日大社から新薬師寺まで歩いて行ったのだが、どうやら熱中症になってしまったらしい。

 

新薬師寺の十二神将さんと薬師如来さんのある御堂についたときは息もたえだえで、見かねた御堂の係の方が、そのなかで座りこむことをゆるしてくださった。

 

一時間ほど十二神将さんに見守られながら休んでいると、なぜかスッと元気になることができ、まるで十二神将さんがもつエネルギーをわけ与えてもらったかのように感じられて胸がいっぱいとなり、これを彫ってみよう、と思いたったのだった。

 

版画としては大きな作品にしたくて、各神将さんを天地55㎝くらいの大型画にしてみた。

 

そんな体験や思いが込められてできあがったのが、この「新薬師寺十二神将図」である。

 

 

                      「新薬師寺十二神将図」のページへ

スリランカの仏陀像

スリランカの仏陀像
   スリランカの仏陀像

 

このシリーズは、1993年、スリランカの仏歯寺にて個展を開催するために「IMAGE OF BUDDHA IN SRI LANKA」(スリランカの仏陀像)というテーマで創作したときのもの。

 

じっさいにスリランカに何度も足をはこび、ナマの仏像を見てまわり、妥協することなく、細部にいたる仏陀像の再現や仏陀がもつ世界観のイメージを表現することにつとめた。

 

現在でもつよい思い入れがあり、自信作のひとつでもある。

 

 

スリランカの仏陀像のページへ

 

ゆふいん

由布岳とわらこずみ
     由布岳とわらこずみ

当時のエピソードをひとつ.....

 

湯布院の観光関係者の皆さんから「湯布院の景色を版画にして、由布院駅アートホールで個展をひらく」という課題をいただいて、下調べのために彼の地をたずねたが、これはすぐに、どエライ難題だと気がついた。

 

しかし、素晴らしいおもてなしとご期待をいただいて、いまさらあとには引けず課題をもったまま帰京。

 

一年間苦しみぬいてなんとか版画にしあげたものの、墨一色で景色を表現しなければならないため、どうしても絵にならないものもあったりして、最初に感じたとおり悪戦苦闘の連続であった。

 

たとえば、狭霧台(さぎりだい)より見た由布院盆地の霧の風景を、墨一色で版画にするのは至難のワザで、この風景のスケッチになやんでいたとき、友人は「真っ白な紙のまんまで額に入れたら」といって笑っていたが、この風景だけは、残念ながらついに画にできなかった。

 

そんな苦闘のすえに生まれた作品集『木版画~ゆふいん十景』をぜひご覧ください。

 

ゆふいん紹介のページへ

七福神

恵比寿
   七福神~恵比寿

 

福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神が七福神(しちふくじん)である。

 

七福神それぞれの個性が木版画の味わいを通じてつたわり、このシリーズをご覧になる方にすこしでも福の到来を感じてもらえれば、と願いながら木版を刻んだ。

 

七福神の紹介ページへ

 

 

原田維夫が回想録を寄稿している「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。
原田維夫が回想録を寄稿している「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」にピクトグラム・デザイナーとして参加した原田維夫&原田工房は、きたる「東京オリンピック・パラリンピック2020」を応援しています。

◆2016年3月3日、「東京オリンピック2020応援シリーズ」特設ページを開設しました!

◆2015年4月、銀座・伊東屋さんで原田の作品を直にご覧いただけます!

2015年3月19日から、文房具の老舗・銀座伊東屋さんのK.ITOYA 地下1階売場で原田の作品をご覧いただけます。


伊東屋さんの画材の販促をお手伝いする形でメイン作品が展示されており、その他40点あまりの作品を収めたファイルも常備されています。ぜひ足をお運びになってください。


※伊東屋さんは改修工事中につき展示に変更がある場合があります。事前に必ずご確認ください。
●伊東屋ホームページ


◆2015年2月現在、毎日新聞に好評連載中の宮城谷昌光さん作/原田維夫・画『劉邦』がいよいよクライマックスへ!

●宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」のページをぜひご覧ください!

◆2014年11月3日、山本一力さんの仕事場の写真を追加しました。

山本一力さんの仕事場の写真を掲載しました。原田維夫の作品「馬九行久の図」を大切にかざっていただいています(写真左上)。くわしいエピソードは「リンク集〜原田の友人たち」をご覧ください。

 

◆2013年12月9日-14日、原田維夫が展覧会を開催します!

原田維夫が所属する画家集団「草鞋之会」(わらじのかい)が、ギャラリークリ8で個展を開催します。

 

12月10日(火)19時からは同時開催場所のMAYA2にてトークイベントを行います。「原田維夫 + 百鬼丸 + 高橋千裕(新潮社)」

 

ぜひお越しください!

◆11月7日、原田が寄稿している『東京オリンピック1964デザインプロジェクト』公式写真集を出版物リストに追加しました!

2013年2~5月に国立近代美術館で開催された展覧会『東京オリンピック1964デザインプロジェクト』の公式写真集を出版物のページに追加しました。
 トイレの男女マークなどで知られるピクトグラムは、このプロジェクトから始まりましたが、そのときのエピソードを寄稿しています。

◆10月27日(日)、原田維夫が、TBSテレビ番組『スパニチ!所さんのニッポンの出番!』に出演しました!

2013年10月27日、原田維夫が、所ジョージさんのテレビ番組【スパニチ!!ニッポンの出番!】に出演し、ピクトグラムの開発で世界に影響を与えた「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」のエピソードを語りました。

 

くわしくは、ブログ、「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」、最新トピックス(トップページ)をぜひご覧ください!

◆10月27日(日)、原田維夫が、所ジョージさん司会のTBSテレビ番組に出演します!!!

2013年10月27日(日)、原田維夫が、TBSのテレビ番組【スパニチ!!ニッポンの出番!】に出演します。

くわしくは最新トピックス(トップページ)をぜひご覧ください。

◆2013年10月現在、宮城谷昌光・作『劉邦』の画を連載と並走するかたちで公開中!

毎日新聞で好評連載中の宮城谷昌光さん作『劉邦』で毎回使われている原田維夫の作品を順次掲載しています。
 当サイトの「宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」をぜひお楽しみください!

◆2013年8月、「シリーズ企画」に『新薬師寺十二神将図』をアップしました!

奈良にある新薬師寺の十二神将さんとの不思議な体験がモチーフになっている作品群です。

 版画としては天地55㎝の大型作品ゆえ、もしかしたらその迫力を感じとっていただけるかもしれません。ぜひ『新薬師寺十二神将図』ご覧ください。

◆2013年7月21日、宮城谷昌光さんの新連載『劉邦』(原田維夫・画)『がスタート!

原田と長年コンビを組ませていただいている宮城谷昌光さんの新連載『劉邦』が、7月21日付の毎日新聞朝刊からいよいよ始まりました。
 このサイトでは、連載につかわれた原田の画を順次公開しておりますので、ぜひご覧ください!

(くわしくは「宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」をご覧ください)

◆2013年3月27日、原田維夫の公式ウェブサイトがオープンしました!

ファンの皆さん、作品の発表の機会をつくってくださった多くの作家さんや事業者の皆さんへの感謝の気持ちをこめ、このたび公式ウェブサイトを開設いたしました。 

◆2013年6月20日、産経新聞 創刊80周年記念特集に、沢木耕太郎さんのインタビューとともに、原田作の題字『深夜特急』が掲載されました!

 2013年6月20日付の産経新聞の朝刊に、同紙80周年記念「連載歴史小説特集」で、昭和59年に連載が開始された沢木耕太郎さんの『深夜特急』がとりあげられ、当時、原田が作成した題字も掲載されました。 

 特集の内容、沢木さんとのエピソードは、原田のブログ『板画師つれづれ日記』をご覧ください。

 

◆2013年5月11日、シノさん(篠山紀信氏)と原田との想い出をつづった『シノさんの早業』が、日本経済新聞・朝刊に掲載されました!

会社員時代の若いころ、シノさんことカメラマンの篠山紀信とコンビを組んで、アルバイトにいそしんだ想い出をつづった『シノさんの早業』が、日本経済新聞・朝刊の「交友抄」に掲載されました。 

 彼のカメラマンとしてのすばらしい早業や意外な素顔を暴露(?)してみましたので、ぜひ当日の朝刊をめくってみてください。   

※本サイトでは、クリックにより拡大画像をお楽しみいただけます(一部をのぞきます)。

太平記 『吉野の霧』
太平記 『吉野の霧』