リンク集~原田の友人たち

2016年2月現在

     安部龍太郎さん
     安部龍太郎さん

●安部龍太郎さんインタビューページ(情報サイトzakzakさんのサイト):

  原田が作品提供をした作家さんは文学賞を受賞する、というジンクスは生きていました(下記、山本一力さんをご参照)。ご存知、2012年度、『等伯』で直木賞を受賞された(原田の飲み友達でもある)安部龍太郎さんのインタビューページです。
 その一部を引用させてもらいます。
 
いわく...「料理は“さ行”と言いますが、仕事は“か行”です。“か”は、感謝。“き”は勤勉、“く”は苦行、苦難。“け”は健康、精神の健全さ。そして“こ”は志。感謝と勤勉、苦難を恐れない強い精神で苦行を歩み続けられる。
 自己管理して健康、健全な精神を保ち、志を忘れないことです。志を失うから世の中がつまらなくなってしまう。きちっとしていれば、助けてくれる人が現れます。等伯もそうでしたから」
 
       山本一力さん
       山本一力さん

 ●山本一力さんインタビューページ(株式会社アイ・キューさんのサイト):

 

 直木賞候補になった山本一力さんが、その当時、原田の画とかかわりあった方が、よく賞を取る、ということを聞かれたということで、ちょうどそのとき開かれていた原田の個展の最終日に駆けつけてくれました。

 

 

※山本一力さんの仕事場。左上に、一力さんの直木賞受賞のお祝いに原田維夫が贈った「馬九行久の図」が見えます。
※山本一力さんの仕事場。左上に、一力さんの直木賞受賞のお祝いに原田維夫が贈った「馬九行久の図」が見えます。

 

「もし一力さんが直木賞を受賞されたら、私のこの『馬九行久(うまくいく)の図』を差し上げます」と言ったら、直後に山本さんがみごと同賞を受賞されたというエピソードがあるのです。

 

そして一力さんは、いまもこの図を仕事場にかざってくださっています。

     宮城谷昌光さん
     宮城谷昌光さん

●宮城谷昌光さん特集記事(朝日新聞デジタルさんのサイト):

 原田が組ませていただく機会がもっとも多い作家さんのひとり、宮城谷昌光(みやぎだにまさみつ)さんのインタビュー記事です。

 

 宮城谷さんの最新動向としては、本サイトでも特設ページをもうけている毎日新聞連載中の『劉邦』(2013年7月21日開始)があります。今回も挿絵は原田が担当しており、連日、原田の画がお楽しみいただけますョ。

 

 また、呉越春秋時代を壮大なスケールで描いた『湖底の城』シリーズが、講談社さんから続々と単行本化、文庫本化されています(こちらも原田の画がずい所に掲載されています)。中国の歴史大河小説ですが、サスペンス的な色合いもちょっとあって、とても楽しめます。おススメです!

●諸田玲子さんオフィシャルサイト:

外資系企業勤務を経て、向田邦子さん、橋田壽賀子さん、山田洋次氏などの台本のノベライズや翻訳等を手がけたあと、作家活動にはいられた諸田玲子さんのサイトです。


 96年『眩惑』でデビュー。02年『あくじゃれ瓢六』で第126回直木賞候補、『源内狂恋』で 山本周五郎賞候補となり、03年『其の一日』で第24回吉川英治文学新人賞を受賞。07年『奸婦にあらず』で第26回新田次郎文学賞を受賞されています。

 


 


 所源亮(左)と田中 純さん(所の自宅にて)
 所源亮(左)と田中 純さん(所の自宅にて)

●アリジェン製薬株式会社:

 原田のいとこで、アリジェン製薬CEO兼一橋大学イノベーション研究センター特任教授、所源亮(ところげんすけ)社長がひきいる創薬ベンチャーの雄「アリジェン製薬株式会社」の公式サイトです。

 

経営書としては異例の12万部ベストセラー『ストーリーとしての競争戦略』(楠木健さん著)で、戦略ストーリーがもっともおもしろい経営者のひとりとしても紹介されています。

 

ちなみに、このサイトをプロデュースしてくださった株式会社ジェイ・ティー・マネジメントの代表・田中 純さん(下記リンクご参照)を最初に紹介してくれたのも彼なんです。

 

 

●横尾忠則(画家・イラストレーター):

 奇抜でサイケデリックな作風で、1960年代からおおきな注目を集めつづける美術家の横尾忠則さん。三島由紀夫や寺山修司などとの幅広い交友関係でも知られています。

原田の大学の先輩でもあり、原田の個性的なスタイルをはやくから評価してくださっているので、さまざまなシーンでコメントをよせていただいています。

 

 

●(株)イッセイ・ミヤケ(三宅一生が創設したファッション企業):

 多摩美術大学時代の同級生で、長年の友人である三宅一生が創設した、イッセイ・ミヤケのブランドを取りあつかう企業です。

 

 

●幻の切り絵作家「百鬼丸」さんの公式ホームページ:

 原田と同じ草鞋之会(わらじの会)のメンバー。サンデー毎日表紙連載、朝日新聞夕刊白石一郎著「異人館」挿絵担当、第6回日本文藝家クラブ大賞美術部門賞受賞。「週刊文春」連載の宮部みゆき著「ゼプツェン」挿絵、その他本の装丁画、雑誌や新聞の小説挿絵など数おおく手がけておられます。

 

 

●草鞋之会(百鬼丸さんのサイト内):

 1991年に結成された。時代小説の挿絵画家集団。原田維夫・蓬田やすひろ・西のぼる・百鬼丸の四名で構成されています。

 

 

ざぶん賞サイトのミュージアム「ざぶん展」より
ざぶん賞サイトのミュージアム「ざぶん展」より

●ざぶん賞:

「ざぶん賞」とは、小中学生からエコをテーマに作文や詩を募り、原田を含む挿絵作家で構成される「草鞋之会」のメンバー4名が、その受賞作品に挿絵を提供してそれを賞状として贈る、というプロジェクトです。

 

 実行委員会会長には東京大学名誉教授の月尾嘉男さん(前会長は、昨年お亡くなりになられた筑紫哲也さん)、審査員には、2012年に『等伯』で直木賞を受賞した阿部龍太郎さん、TVドラマ「太陽にほえろ」「傷だらけの天使」などのテーマ曲の演奏や、映画、舞台等の音楽を多数手がける作曲家・ギタリストの井上堯之さんなどが名をつらねています。

 
 
     原田 禎夫
     原田 禎夫

●原田禎夫(原田の実弟。世界的なチェロ奏者)~ノンフィクションライター一志治夫さん執筆の物語『チェリスト・原田禎夫』(「東京・春・音楽祭」さんのサイト)

 ノンフィクションライター一志治夫さんが執筆された原田の実弟、チェリスト原田禎夫を紹介したコラムです。

 

原田禎夫は、国際的に著名な弦楽四重奏団「東京クヮルテット」の創設メンバーで、イェール大学音楽学部教授、トロッシンゲン国立音楽大学教授を経て、現在は上野学園大学音楽学部教授をつとめており、2009年4月より同学園の学長代行として、後進の指導や教育者の育成にも尽力しています。

 

◇コラム『チェリスト・原田禎夫』の目次:

 第1回 恩師・齋藤秀雄

 第2回 「東京クヮルテット」誕生前夜

 第3回 「東京クヮルテット」デビュー! 

 第4回 世界をめぐる「東京クヮルテット」

 第5回 東京クヮルテットとの別れ

 

 

 

 

●原田維夫の愛娘、原田桜さん。

 

日本を代表する版画家を父に、世界的なチェリストを叔父にもつ桜さんは、みずからも芸術のある分野で大きな夢を持ち、その実現に向けて日々前向きに、ひたむきに歩んでいます。

企業再生のプロ、田中 純さん(右)と原田。毎日新聞で連載された「劉邦」(宮城谷昌光・作)の第一話への提供作品を手に。
企業再生のプロ、田中 純さん(右)と原田。毎日新聞で連載された「劉邦」(宮城谷昌光・作)の第一話への提供作品を手に。

●株式会社ジェイ・ティー・マネジメント:

 多くの企業の再建を成しとげてきた企業再生請負人(プロ経営者)・事業戦略コンサルタントで、日本最大の国家的研究機関(国)産業技術総合研究所でも要職をつとめられ、さらには明治大学で教鞭もとられている田中 純(たなかきよし)さんの公式ホームページです。
 
原田との交流をブログなどで紹介していただいており、当サイトも、田中さんの事務所のスタッフのプロデュース・管理のもとで運営されています。
 
 
 
     司馬遼太郎記念館~書斎前
     司馬遼太郎記念館~書斎前

●司馬遼太郎記念館:

原田が数多くの装丁画を担当した司馬遼太郎さんの精神を後世につたえるために運営されています。

 

所在地は「大阪府東大阪市下小阪3-11-18」。

 記念館は司馬遼太郎さんのかつての自宅と、建築家の安藤忠雄さんが設計された回廊などで構成されているとても美しい建物です。

 

 

 

 

原田維夫が回想録を寄稿している「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。
原田維夫が回想録を寄稿している「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」公式写真集(東京国立近代美術館・刊)。

「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」にピクトグラム・デザイナーとして参加した原田維夫&原田工房は、きたる「東京オリンピック・パラリンピック2020」を応援しています。

◆2016年3月3日、「東京オリンピック2020応援シリーズ」特設ページを開設しました!

◆2015年4月、銀座・伊東屋さんで原田の作品を直にご覧いただけます!

2015年3月19日から、文房具の老舗・銀座伊東屋さんのK.ITOYA 地下1階売場で原田の作品をご覧いただけます。


伊東屋さんの画材の販促をお手伝いする形でメイン作品が展示されており、その他40点あまりの作品を収めたファイルも常備されています。ぜひ足をお運びになってください。


※伊東屋さんは改修工事中につき展示に変更がある場合があります。事前に必ずご確認ください。
●伊東屋ホームページ


◆2015年2月現在、毎日新聞に好評連載中の宮城谷昌光さん作/原田維夫・画『劉邦』がいよいよクライマックスへ!

●宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」のページをぜひご覧ください!

◆2014年11月3日、山本一力さんの仕事場の写真を追加しました。

山本一力さんの仕事場の写真を掲載しました。原田維夫の作品「馬九行久の図」を大切にかざっていただいています(写真左上)。くわしいエピソードは「リンク集〜原田の友人たち」をご覧ください。

 

◆2013年12月9日-14日、原田維夫が展覧会を開催します!

原田維夫が所属する画家集団「草鞋之会」(わらじのかい)が、ギャラリークリ8で個展を開催します。

 

12月10日(火)19時からは同時開催場所のMAYA2にてトークイベントを行います。「原田維夫 + 百鬼丸 + 高橋千裕(新潮社)」

 

ぜひお越しください!

◆11月7日、原田が寄稿している『東京オリンピック1964デザインプロジェクト』公式写真集を出版物リストに追加しました!

2013年2~5月に国立近代美術館で開催された展覧会『東京オリンピック1964デザインプロジェクト』の公式写真集を出版物のページに追加しました。
 トイレの男女マークなどで知られるピクトグラムは、このプロジェクトから始まりましたが、そのときのエピソードを寄稿しています。

◆10月27日(日)、原田維夫が、TBSテレビ番組『スパニチ!所さんのニッポンの出番!』に出演しました!

2013年10月27日、原田維夫が、所ジョージさんのテレビ番組【スパニチ!!ニッポンの出番!】に出演し、ピクトグラムの開発で世界に影響を与えた「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」のエピソードを語りました。

 

くわしくは、ブログ、「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」、最新トピックス(トップページ)をぜひご覧ください!

◆10月27日(日)、原田維夫が、所ジョージさん司会のTBSテレビ番組に出演します!!!

2013年10月27日(日)、原田維夫が、TBSのテレビ番組【スパニチ!!ニッポンの出番!】に出演します。

くわしくは最新トピックス(トップページ)をぜひご覧ください。

◆2013年10月現在、宮城谷昌光・作『劉邦』の画を連載と並走するかたちで公開中!

毎日新聞で好評連載中の宮城谷昌光さん作『劉邦』で毎回使われている原田維夫の作品を順次掲載しています。
 当サイトの「宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」をぜひお楽しみください!

◆2013年8月、「シリーズ企画」に『新薬師寺十二神将図』をアップしました!

奈良にある新薬師寺の十二神将さんとの不思議な体験がモチーフになっている作品群です。

 版画としては天地55㎝の大型作品ゆえ、もしかしたらその迫力を感じとっていただけるかもしれません。ぜひ『新薬師寺十二神将図』ご覧ください。

◆2013年7月21日、宮城谷昌光さんの新連載『劉邦』(原田維夫・画)『がスタート!

原田と長年コンビを組ませていただいている宮城谷昌光さんの新連載『劉邦』が、7月21日付の毎日新聞朝刊からいよいよ始まりました。
 このサイトでは、連載につかわれた原田の画を順次公開しておりますので、ぜひご覧ください!

(くわしくは「宮城谷昌光『劉邦』ギャラリー」をご覧ください)

◆2013年3月27日、原田維夫の公式ウェブサイトがオープンしました!

ファンの皆さん、作品の発表の機会をつくってくださった多くの作家さんや事業者の皆さんへの感謝の気持ちをこめ、このたび公式ウェブサイトを開設いたしました。 

◆2013年6月20日、産経新聞 創刊80周年記念特集に、沢木耕太郎さんのインタビューとともに、原田作の題字『深夜特急』が掲載されました!

 2013年6月20日付の産経新聞の朝刊に、同紙80周年記念「連載歴史小説特集」で、昭和59年に連載が開始された沢木耕太郎さんの『深夜特急』がとりあげられ、当時、原田が作成した題字も掲載されました。 

 特集の内容、沢木さんとのエピソードは、原田のブログ『板画師つれづれ日記』をご覧ください。

 

◆2013年5月11日、シノさん(篠山紀信氏)と原田との想い出をつづった『シノさんの早業』が、日本経済新聞・朝刊に掲載されました!

会社員時代の若いころ、シノさんことカメラマンの篠山紀信とコンビを組んで、アルバイトにいそしんだ想い出をつづった『シノさんの早業』が、日本経済新聞・朝刊の「交友抄」に掲載されました。 

 彼のカメラマンとしてのすばらしい早業や意外な素顔を暴露(?)してみましたので、ぜひ当日の朝刊をめくってみてください。   

◆「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」に出展しました!

東京国立近代美術館ギャラリー4にて、2013年2月13日~5月26日の日程で開催されました。

  1964年の東京オリンピック当時、若手芸術家の一人だった原田が、代々木選手村などのシンボルを作成するチームに入っていたときの回顧録を発表しました。

※詳細は「ホーム/最新トピックス」をご覧ください。

※本サイトでは、クリックにより拡大画像をお楽しみいただけます(一部をのぞきます)。

太平記 『吉野の霧』
太平記 『吉野の霧』